読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

女が30歳になる前にポールダンスを始めた方がいいと思う理由5つ 【後編】

3. 話のネタになる



最近いろんな人に会うんですが、新しい人と会うときって一通り自己紹介的な話が終わった後に会話のトピックに詰まるときがありますよね。


そんなとき『⚪︎⚪︎さんは、スポーツとかされてるんですかー?あー、マラソン!いやー凄いですねー。』

とスポーツや趣味の話題を振ったあとに、『あたしですか?いやー、スポーツってほどでもないんですが、ポールダンスを少々。。。』

とかっていうと

えっ、ポールダンス!?

みたいな流れになってそこからまた話が盛り上がるのです。

ただ
ポールダンス=ストリッパー
と思っている人に

『こいつストリッパーか!?』

みたいな目で見られることもありますんで、気をつけてください。


4. 新しい友達ができる


ポールダンスを習っている女の子たちはファンキーでワイルドな子が多いです。

タトゥーがバリバリはいってるいかにも!て感じの子もいれば、結婚して子供がいる人も。

でも同じクラスでレッスンを受けているうちに、妙な連帯感が生まれてくるんですね。
まぁ、何かと激しいスポーツですから、技を練習するのにお互い助け合ったりするわけですよ。で、友達になったりするんですけど、みんな基本的に明るくて楽しい子が多いので
いい感じですよ。

あとこれは私が通っているところだけかもしれないんだけどインストラクターがいい!
ポールダンスを極めている人って、女として自信があるからかわからないんですが、なんか爽やかで性格がいいんですね。
というより、あんだけセクシーでタフなダンスを極めれる女たちは間違いなく『男前』なんですよ。さっぱりしてる。おもしろい!

というわけで、楽しいお友達を作りたいあなたはポールダンスレッスンにGO!!!!



5. いざというときの〝芸〝になる

えぇ、いざというときに芸があるといいですよね。
芸は身を助く。
ただシンガポールにはストリップバーとかないんですよね。。。そこが残念。


はい、そーゆーわけで30前後でくすぶっているそこのあなた!ポールダンスをはじめて
キラキラ女子(苦)になりませう。キラキラ女子。。。。

女が30歳になる前にポールダンスを始めた方がいいと思う理由5つ

にんにん!みなさんこんにちは!
つばきです。

実はつばきちゃん、今年から『ポールダンス』を再開いたしました!

再開!?

いえす、実は2年ほど前からポールダンスに通っていたんですがね、ここ1年ほど、忙しいとかなんとかでサボっておりまして‥‥

というわけでマンヲジシテの再開なんであります。

で実際はじめてみると、身体は硬くなってるし筋肉も落ちちゃって、まぁグダグダな感じになっちゃってたんですが、

しかし

楽しい!

きついけど

楽しい!!

ってなりまして、

いや、こんどは、今度こそは続けよう!と今モチベーションMAX祭りでございます。

なんなんですかね、この感じ。

よく世間では、男性が30代中ごろから「ミドルエイジクライシス」(中年の危機)に陥るといいますがね、アテクシ思うんです。女性にとっては20代後半から30代にかけてがまさに『危機』を感じる時期なんじゃないかって。

あたし、いいのかな。。。このままで。。。もう30か。。。なんてくすぶってみたり、悩んだりする女性がたくさんいるんです、この年代は。

そんな女性に私はポースダンスをお勧めしたい。

というわけで行ってみましょう!

女が30歳になる前にポールダンスを始めた方がいいと思う理由5つ!!


で、でん!

1. 体力づくりになる

ポールダンスというとですね、間違いなく皆さん連想されるのがストリップバーとかのステージの上でほぼ裸のお姉ちゃんが棒を掴みながらクネクネしてる、ってイメージなんですよね。

でもね、ホントのポールダンスって、そんなんじゃなくて、実はめちゃくちゃタフなスポーツなんです。

だって考えてみてください。あの棒に足一本ひっかけただけの状態で逆さまになって全体重を支えながらクルクル回ったりするわけですよ。


その姿はむしろサーカス?オリンピックの体操競技

ってなくらいアクロバティック。

エクササイズとしても、かなりハードな部類に入ります。

強い筋肉と柔軟性が必要とされるポールダンスは、体力づくりにもってこいです。




2. 自分の新たな魅力を発見できる


最近思うんです。
日本の女性って、どうしてこんなにセクシーじゃないんだろう、って。
(自戒もこめて)

誤解してほしくないんですが、私日本人女性って世界の中でもトップクラスの『いい女』だと思ってます。


身綺麗だし、物腰が柔らかいし、親切だし、男を立てるし、教養もある。

しかし!

なぜか!

なぜか!


『セクシーさ』だけはポロリと抜け落ちている気がしてならないのです。

『かわいい』文化がよしとされる日本ではセクシーを育めるような環境ではないのかもしれませんね。それでもですね、女として生まれてきた以上自分の中の女性性を開花させていくって大事なことだと思うのですよ。

そんな女性性を開花させたいあなたに、ポールダンスはもってこい!

「そう…そうよ…もっとセクシーに!もっと腰を振るのよっ!カモンベイベーーーッ!」

みたいなことを叫びつづけるインストラクターにのせられて、クネクネと踊っているうちに、
あなたの中に眠っていた「女」がきっと目を覚ますことでしょう。

そう、あんなにあなたがくすぶっていたのは、自分の中にある「女性」を押し殺していたから。
上手に解き放ってあげましょう。
それだけで人生が2倍も3倍も楽しくなること間違い無しです。


つづきはまた今度!

シンガポールより愛を込めて
つばき

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 143 【ワーク?ホリデー?】】

仕事をやめたいけど、そんなことしちゃったら生活できないし、シンガポールにもいれなくなっちゃう!

そんなニッチもサッチもいかない状況に一筋の光が差した。

★☆★


みんな、シンガポールに「ワークホリデーパス」っていうビザがあるの知ってるかな?

カナダとかオーストラリアが発給してる「ワーキングホリデービザ」とはちょっと違うところがミソなんだ。

「ワークホリデーパス」は、シンガポールに最大半年滞在できて、なおかつその間どんな形態でも自由に働けるビザ。

もちろん、このビザは一人につき一生に一回のみ!

ラッキーなことにあたしはまだこのビザを使ったことがなかったんだ。

イェーイ!
これを申し込めば、半年間はシンガポール合法的に滞在できる!

もちろんこのビザを出してもらうにはいろいろ条件があって、例えば年齢制限は30歳までで大卒以上とかね。(正確な情報は各自お調べください)

一応条件をすべてクリアしていた私は、仕事を辞める代わりにこのビザを取ってシンガポールに滞在するって道があることに気づいた。

これはしめたっ!

いざとなったら、このビザを取ればいいんだ!

‥‥ところがコトがそううまく運ばないのが人生ってもんだ。

思いもよらないところに落とし穴がまっていた。

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 142 【仕事、やめる?】

Ninja Girlsとして活動して一年半が経とうとしていた。

まだ上司にはバレてないようだった。

でも、相変わらず同僚には、「ブログやってるの?」とか「Ninja Girlsみてるよ!」とか声をかけられることが続いた。

嬉しい反面やはり、どこかビクビクしてしまう。

こんなホント生活やだな‥‥



あたしはNinja Girlsです!って
もっと思いっきり、声を大にしていえる環境だったらどんなにいいだろう。

仕事やめようかな‥‥

実は本気でそう考えるようになってから、,数ヶ月が経っていた。
でも現実的な話、仕事を簡単にやめることなんてできない。
まず月々のお給料がもらえなくなったら、どうやって生活するの?
道端に落ちてるもん拾って食うの?

その前に、ここは日本じゃなくてシンガポール。あたしがここに住むには
就労ビザがどうしても必要なんだよね。そしてほとんどの場合、その就労ビザは会社側がサポートしてくれないと手に入らない !
というわけで、簡単にいうとってしまえば、今の会社を辞めるとあたしは就労ビザを取り上げられシンガポールに不法滞在!!という怪しい身分になってしまうのだっ!

いやいやいや、それはいかんだろ・・・

何かいい方法はないものか・・・、考える日々が続いた。

そして・・、そしてあたしは、思いついてしまった!とってもいい方法を!!!!!

そう、これを機にあたしの運命はまたまたまたまた大きく大きく変わっていくのだった。

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 142 【2013年】

そんなこんなしているうちに、エステティシャンの怪しげなおばちゃんが私の顔にも何やらタオルを‥‥!

「うぐっ。。。うぐぐぐ。。」

そのタオルは、たしかに‥‥たしかにそこはかとなく雑巾の薫りがした。

そう、気分は小学校の掃除の時間。
濡れた真っ黒な雑巾からこんな匂いがしたっけ。。。

いくら安いエステだからといってまさか雑巾(のような匂いのタオル)で顔を拭かれるなんて思ってなかったよー!


おそるべしバタム!!

ワンダーランドバタム!!

しかも私のぎゃく隣ではらんちゃんが、タオル顔を拭かれたきりなぜか30分ぐらい放置プレイをされていたらしい。

「‥‥あたし、なんかさっきちょちょいって顔を拭かれたきりなんだけど‥‥」

心配そうに呟くらんちゃん。


「プッ」

なんだか、全てが面白すぎて
思わず噴き出してしまった。

逆にすんごいクオリティだよね、ここまでくると。

この雑巾エステ事件はNinja Girlsの中で永遠に語り草になっている大事件だった。

でもそんなことよりスゴイのは、こんなことすら笑にできちゃうNinja Girlsのすごさ。

四人でいれば、どんな状況だって乗り越えられた。どんなことだって笑い話にできた。

「ねえねえ、こんなヒドいエステでも四人でいけば楽しいものだねー」

ケラケラ笑いながらゆりちゃんがい言う。

「そうだね。きっと‥‥きっと今年はもっといい年になるね。」

さくらちゃんの言葉に、みんなが頷いた。

あけましておめでとうございます!

f:id:ninjagirls:20140106164831j:plain
2013年最後の日。オーストラリアのビーチで。

にんにん!
あけましておめでとうございます!

2014年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

ワテクシも昨日オーストラリアから帰って参りまして、気持ちも新たに頑張っていく所存です。

正月早々、愛用のMacBook Airが故障しまして只今入院中なのですがwそれもご愛嬌、ということで。

Ninja Girlsもこれまで以上にパワーアップしていくと思いますので、どーぞお楽しみに!

今年もよろしくお願いいたします。

オーストラリアにいくのら。

にんにん!
みなさんこんにちは!

年末ですねー、とゆーわけで、

椿はいまから、オーストラリアにホリデーに出かけマッスル。九日間ぐらい?かな。

いちおーですね、
パースあたりから、ゆるゆると北上致しましてですね、まぁ、ビーチでのんびりしたりとか、いろいろうまいもん食ったりとか、そんな感じの旅になると思いますー!


かえってきたらブログにもアップしたいと思いますので、どーぞお楽しみに!

みなさまよいお年を!

シンガポールより愛を込めて
つばき