読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指しかた 2 【派遣生活の果てに 2】

<はじめての方はまずはこちらから>

 

入社して半年で、化粧をせずに会社に行くようになった。

それからさらに3ヵ月後には、
眉毛を整えることすら億劫になっていた。

私はもともと眉毛が濃かったので、たまに鏡を覗くと、
眉毛がうっすらつながっていた‥‥なんてこともよくあった。
でもそれすらどうでもよくなっていた。

ランチタイムには、
会社の売店で袋パンやカップヌードルを買って食べた。
そんなものばかり食べるものだから、体重も増え始め、
自分の最高体重記録を更新し続けた。

このままではヤバいという危機感が無かったわけではないけれど、
それよりも「もうどうにでもなれ」という
開き直った気持ちのほうが強かった気がする。

オシャレをするモチベーションも、お金もない。
オシャレな姿を見せたい人もいない。

唯一の楽しみは、会社の帰りに地元のレンタルDVDショップに寄って、
雑誌を読んだりDVDを借りたりすることだった。

もともと洋画や海外ドラマが好きだった私は、
よくDVDをレンタルして観ていた。

コメディもサスペンスも好きだったけれど、
女性が主人公のものをよく観た。
一人の女性が、悩みを抱えながらも成長していくような、
そんなサクセスストーリーが好きだった。

ドラマの中のヒロインたちは、
壁にぶつかりながらもそれを乗り越えて成長し、
やがてはそれぞれの幸せを見つけていく。
普遍的でありきたりなストーリー。

私はそんなヒロイン達が妬ましかった。
彼女たちは、どんな大きな壁を乗り越えてでも、
必ず最後には幸せになるのだもの。

でも当時の私は、サクセスどころか、
平凡な幸せと呼ぶにさえもあまりに退屈な日々を送っていた。
ドラマチックな人生なんて、私には無縁だった。

自分のふがいなさに落胆する一方で、
『私なんてこんなものさ。』という
どこか開き直りのような気持ちさえ持ち始めていた。

そう私の人生なんてこんなものなんだ。
そういう運命なんだ、と。



そんなある日、いつものようにDVDを借りて帰ろうとした時のことだった。
ふと店のガラス窓に目を向けると、
どんよりとした、いかにもネクラそうな女が映っていることに気づいた。

よくよく見ると、

それは私だった。