読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指しかた 32 【シンガポールからも新忍者!】

f:id:ninjagirls:20120814111229j:plain



<はじめての方はまずは目次から!>



実はあやさんと私は、Ninja Girlsを始める前に、一度出会っている。
あれはさくらちゃんの知り合い数名で、
マリーナベイサンズの屋上に集まった時だった。
私と同じように、「青い鳥ブログ」を通じてさくらちゃんを知ったらしい。


勝ち気そうでエキゾチックな顔立ちに、
金髪に染めた長い髪の毛が目を引いた。
もし知らずに道端ですれ違っていたとしたら、
理由もなく「ごめんなさい」と謝ってしまいそうな迫力
だった。


けれど口を開いた途端、
私は彼女のその優しくて繊細な性格に驚かされた。
可愛らしい喋り方で、少しはにかみながら、
さも嬉しそうに皆との会話を楽しんでいた。


「い、意外と、めちゃくちゃかわいい‥‥っ!」


そんなギャップが鮮明に記憶に残っていたから、
あやさんがメンバーに加わってくれると聞いた私は、
きっとこの活動がもっと楽しくなると確信して上機嫌だった。


しかも彼女は、私たちに無い、様々な長所を兼ね揃えていた。


まずはその、シンガーとしての歌唱力
私たちは、有名になりたい気持ちばかりが一人前で、
他人様に披露できる特技なんて持ち合わせていないメンバーばかりだったから、
CDも出しているという彼女の実績は本当に眩しく見えた。


そして、人生の大部分をアメリカで過ごしたことによる語学力
アメリカの大学を卒業し、そのままアメリカで働いていただけあって、
彼女の英語力はかなりのレベルだった。
これはかなり、心強い!


あやさんという新メンバーが加わったことで、
シンガポールメンバー4名、日本メンバー2名、
計6名となったNinja Girls。


さくらちゃんの思いつきが、
短時間であっという間に同世代の女子たちに伝染
して、
どんどん新しい何かが生まれようとしていた。


まだその「何か」の正体を知る人はいなかったけれど、
私たちはその気配を感じるだけでたまらなく興奮できた。
そしてその興奮は少しずつ、
メンバー以外の人たちも巻き込んで伝わっていく
‥‥。