読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指しかた 35 【シンガポールドリーム】

<はじめての方はまず目次から!>



待ちに待ったパーティーデビューの日、
私はまだ何を着て行くか迷っていた。


誰もが振り返るぐらい目立つドレスを着たいけれど、
気合いを入れすぎて浮いても恥ずかしい
し‥‥


悩みに悩んだ末、私は日本で買ったミニワンピースを選んだ。
実はこのワンピには結構思い入れがある。
シンガポールに渡航する二週間ほど前、
一目惚れで衝動買いしてしまった服なのだ。


その日普段めったに行かないショッピングモールをプラプラしていた私。
ふと気になって、あるセレクトショップに入ってしまった。
今まで一度も入ったことがないショップだったのだけれど、
入ってみると、私好みのインポート系の可愛い服がいっぱい!


その中でとりわけ私の目をひいたのが、
このミニドレスだった。


「私はあと2週間でシンガポールに発つんだぞっ!
これ以上荷物増やしてどーするっ!」


って、自分に言い聞かせたんだけどさ。
店員さんのにこやかな笑顔に誘われて試着してしまったが最後、


「買いますっ!あたしこれ買いますっ!!
おいくら万円ですかぁーーっ?」
ってな感じで、勢い良く買ってしまったのだ。


だって、すっごいかわいかったんだもん。


正直、こんなワンピースを日本の田舎で着たら、
どうしようもなく浮いてしまいそうなデザイン
だった。
でもきっとシンガポールにはこの服を着る機会がたくさんあるだろうって、
そんな予感がしたんだよね。


いや、むしろこれを着る機会を増やしてやるっ!
って、決意みたいなものがあったのかもしれない。



そんな夢と希望をのせたワンピースに体をねじ込み、
私はいつもより念入りに化粧をした。


スモーキーアイに仕上げた目元に、マスカラをたっぷりつけ、
いつもはつけないグロスを唇にのせる。


それから鏡に映った自分を見つめて思った。


「これは、アメリカンドリームならぬシンガポールドリーム
どんな人でも夢が叶うチャンスがあるって、
今夜あたしが証明してみせる!」


鏡の中の自分と頷き合うと、私はすっかりいい女になった気分で、
さくらちゃんとの待ち合わせ場所、ショッピングモールIONへと急いだ。