読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指しかた 60 【フードレビュー】

f:id:ninjagirls:20121010165500j:plain

<はじめての方はまずは目次から!>



今思うと、あの頃はNinja Girlsの第一の転換点だったのかもしれない。
ブログを立ち上げてからというもの、色んなことに挑戦してきた。
パーティーに参加させてもらったり、企業様とコラボさせてもらったり。


その全ては、シンガポールで一番有名な日本人になりたいという、
そのひとつの思いから始まったもの。
シンガポールにやって来たばかりのこのキラキラした時期に、
何か大きなことをやり遂げてみたいという気持ちで突き進んで来たもの。


でも、私たちはその原点を忘れがちになっていた。
そんなある日、いつものように突然、さくらちゃんが言い放ったんだ。



「みんな、Ninja Girlsでいろんなことをやってきましたねっ!
ブログのアクセス数も少しずつ増えてきてます!
でもここらでドカーンとアクセス数を増やしたい!
私たちは、有名になるのが目標なのだから!」


さくらちゃんのいつものドヤ顔が、いつにも増してドヤ感をたたえている。
言ってることは、確かにまっとうだよね。
確かにアクセス数を増やすことが何よりの目標だもん。
さくらちゃんが続ける。


「私、ずっと考えてました!
どーやったらアクセス数上がるのか?
そして、突然思いつきました!
それはね‥‥」


しばしの沈黙。
みんな息を詰める。


「それは、美味しい日本食紹介記事を英語で書くことーー!」


自信満々に言い放つさくらちゃん。


「シンガポール人の食に対する執着心は半端じゃありません!
彼らは、日本食もすごく大好き。


もし日本人である私たちがシンガポールの日本食レストランレビューを書けば、
間違いなくアクセス数がうなぎ上りになるはず!
ドッカンドッカン来ちゃうはず!!!
これ思いついたあたし天才!!!」


マックのコーラ片手に鼻息荒く語るさくらちゃんを見て、
他のNinjaメンバーはたじたじだった。
これってそんなに、天才的な思いつきなのかな‥‥?


でも、私は思い直したんだ。
さくらちゃんがここまで言うなら間違いないだろうと。
それが成功するか否かは、やってみるまでわからない、何事も....!


私たちは早速シンガポール内にある日本食レストランを訪れては、
写真を撮り、ブログにアップし始めた。
これで怒涛のアクセスラッシュが来るはず!!



一ヶ月後‥‥


さくらちゃんが、いつものドヤ顔で言い放った。


「みんなフードレビューよく頑張ったわね!!
結果は‥‥
惨敗でしたー!!
アクセス数、大して増えてませーんっ、てへ!」


ちーん。


でもね、この時のフードレビューが、
後にNinja Girlsを素晴らしい場所に導いてくれるんだ!