読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指しかた 63 【忍者、脱ぐ。】

f:id:ninjagirls:20121017143610j:plain
<はじめての方はまずは目次から!>



脱ぐのよ。


そう言ったさくらちゃんの言葉を、私は大して本気にしていなかった。
どうせお酒の席で言ったことだもん、って。
でも、どうやらそれは私の計算ミスだったみたい。


「いろいろ考えてみたんだけど、やっぱり良いと思うんだよね。
ほら、AKB48ヘビーローテーションのPV、観たことある?
ああいう可愛らしくてポップなランジェリーフォトって素敵だと思うんだよね。
エディにそういうの撮ってもらって、ブログのトップページに貼り付けるわ!」


一夜明けたさくらちゃんは、ことも無げにそう言ってのけた。
貼り付けるわ!って、
おまえ何勝手に決めとんじゃーいっ!



正直私はビビっていた。
だってランジェリーって、下着のことよ?
誰もがアクセスできるインターネット上に、
自分の下着姿を晒すなんて‥‥


会社の人が見るかもしれない。
親が見るかもしれない。
てか、その前にあたし、
ぜんぜん脱げる身体じゃねー!!!


でもね、その一方で‥‥
撮られてみたい、って気持ちも、湧いてきたのは事実。

女の子だったらさ、一生に一度ぐらいはさ、
とびきりセクシーな自分の姿を晒け出してみたい、
なんて思ったりしない?


そんな両極端な気持ちの狭間で私は揺れていた。
でもね、さくらちゃんの構想を聞いてるうちに、
やろうっ!て決意できたんだ。
そして驚くことに、他のメンバーもみんな脱いでくれることになった。


あたし、この時ほど皆を頼もしく思ったことは無かったかもしれない。
みんな、フツーの、一般の、社会人なんだよ。
別にグラビアアイドルみたいな体型の子もいないし、恥ずかしがり屋の集まり。


けど、私たちは全員が、このプロジェクトに心から打ち込んでいた。
みんなの心がひとつになった気がした。
やってやろうじゃないの、下着でも水着でも。
何も残らなくたって、みんなで頑張った思い出だけは、絶対残るわけだしさ。



実際に撮影してみると‥‥


うふふ、うふふふ。
実はとってもとっても楽しかった!


ちょっとグラビアアイドルに近づいた気分とでも言うのかな。
撮影されながら、やけにハイテンションになってしまった私。
もしも将来結婚して子供ができたら、
絶対マタニティヌード撮ってやる!なんて心に決めちゃったりして。



こうやってNinja Girlsブログのトップページは、
私たちのランジェリーショットになったの。
(今は模様替えになってるんだけどね )


トップページにバーンと貼られた写真を見て、
私は心から「やってよかった」と思った。
なんかこう、やりきってるよ。格好いいよ。あたしたち。


でもね‥‥やっぱりこのランジェリーショットは、
私の人生に大きな大きな嵐を運んでくる
んだ。
意外なぐらい速いスピードでね。


私が、もっともっと自分の人生と向き合わなきゃいけない、ってこと‥‥
運命だけは、知ってたんだと思う。