読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 82 【サヨナラは突然に】

「ど、どうしたの、らんちゃんっ!?」


さくらちゃんが言った。


私はあまりに驚いて、声もでない。ただただ、らんちゃんを見つめることしかできなかった。


「どうしたのっ?何があったの?なにか気に触ることでもあったの?お腹痛いっ?ウンコしたいのっ?」


プチパニックになって、らんちゃんに、わけのわからない質問を浴びせるさくらちゃん。


「みんな‥‥ごめん‥‥っ。わ、私‥‥」


らんちゃんは、嗚咽の合間になんとか声を絞りだそうとする。


「私‥‥私‥‥Ninja Girlsを辞めます‥‥ごめんなさい‥‥」



‥‥らんちゃんが、Ninja Girlsを辞める‥‥?


頭の中が、真っ白になった。



らんちゃんは、仕事、プライベート、そしてNinja Girlsの活動のあまりの忙しさに、心のバランスを崩していた。


そう、最近色んな方から「Ninja Girlsさんは、ブログが本職なんですか?」なんてご質問を頂くこともあるんだけど、実は私たち、4人とも他に仕事をしているんだ。


会社員や、フリーランスとして働きながら、ブロガー、「Ninja Girls」という別の顔も持ってるってわけ。


らんちゃんは根が真面目で、とっても頑張り屋さんで、責任感が強い子。


すべてを完璧にこなそうと、頑張ってたんだよね。


その頑張りがらんちゃんを深い悩みのスパイラルに落としたのは間違いない。


でも、人間誰でも、張り詰めてた糸が切れる瞬間がある。



らんちゃんの大きな目から、涙が流れ出て頬をつたった。


「みんな本当にごめんなさい‥‥」


そして、悩みに悩んだ彼女が下した苦渋の決断が「Ninja Girlsを辞める」ってことだったんだ。