読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 90 【恋の最終章】

いろいろ大変な事の連続だったこの数週間。ランちゃんと、あやさんがNinja Girlsを去って、私は親と絶縁した。


なんてドラマチッチ〜〜!
いや〜ん、盛り上がってきたじゃな〜い!


今なら、そう思えるけど、この時は大変だったんだ。


でも、なんとか乗り越えて、これでよかったんだ。これからもがんばってこー!って持ち直した。


相変わらずさくらちゃんは、昔気質のお父さんみたいに、どっしり構えてた。多少の事では動じない姿をみて、あぁ、Ninja Girls、まだまだ大丈夫、って思えた部分もあったんだよね。



ところで私とエディの関係は、悪化の一途を辿っていた。


ずいぶん前から、下り坂な関係だったんだけどね。私が母親と絶縁したあたりから、雲行きが更におかしくなってきていた。


「君は、もっとお父さんやお母さんを大切にすべきだよ。」


いつもの説教モードでエディが話し出す。


「航空券を買って両親に送ってあげたらどうだい?シンガポールに遊びにきてもらえばいい。」

「僕が車を出して、君のご両親にシンガポールを案内するよ。」


一見、親切そうにみえるこの提案は、私を最高潮にイラつかせた。

「エディ。ありがとう。でもね、あなたも知っているとおり、私と両親の関係は少し複雑なの。今はとてもそんな気になれない。」


でも、エディに私の言葉は届いていなかったみたい。彼は事あるごとに、この話題に触れた。


もちろん、エディにはエディの考えがあったんだろう。彼は病気で父親と姉を亡くしていた。愛する家族と過ごせる時間が限られたものであるということを、誰よりも身に染みてわかっていたに違いない。


だからこそ、私にしつこく両親を大事にするように言ってきたんだろう。


でも、私と彼の状況は違う。


その時私が欲しかったのは、批判じゃなくて、理解だった。


「そうか、君もいろいろ大変だったね。がんばってきたんだね。」


そう言ってもらえるだけで、きっと救われただろう。


ある日、また同じ話題を持ち出したエディに私は遂にキレてしまった。


「だから!その話はやめてって言ってるでしょ!なんで、あんたはあたしをコントロールしようとすんの?だいたい私の両親のことは、あんたに関係ないじゃない!」


エディも、熱くなって言い返す。


「俺は君をコントロールしようとなんかしてない!ただよかれと思って提案してるだけだ!」


あー、もーだめだ。
この男の何もかもが嫌いだ。



そう思ってしまった。