読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 109 【道は開ける】

シンいち

f:id:ninjagirls:20130314120056j:plain


「……君の方向性は、間違ってないよ。君は、君がいいと思うとおりにやっていけばいい。」


占い師のおじさんは、さくらちゃんの手相をみながらボソリと言った。


もしかしたら、誰にでもそう言っているのかもしれないど、
その時の私たちはおじさんの言葉に本当に救われた。

ポケットティッシュで『いいね!』をゲットしようとした、
そのアホな行動も、優しく認めてもらった気がした。


「あのー、ついでに私、いつ頃結婚できるんですかね……?」


ってきいた私の手を見て、


「んー30ぐらいだかな。いやでも君欲張りだから35ぐらいかもしれんな」


と歯切れの悪い回答をくれたおじさんだった……



占いの後、クラーク・キーでもしばらく粘ってみたけど、結果はさっぱりだった。
もう時刻は夜中の一時を過ぎている。

疲れきった私たちは、タクシーの中で半目になりながら帰路についた。
タクシーを降りるとき、さくらちゃんが言った。
「今日はお疲れ。あたし、もっかい『いいね!』増やす方法が他にあるか考えてみる……」

懲りないやつだ。
本当に懲りないやつだ。

さくらちゃんは、欲しいものが手に入るまで、『欲しい』と言い続ける子なんだ。



「いけるかもしれない…!」

さくらちゃんが、期待と不安の入り混じった声でいった。

あの占いのおじさんに会ってから、私たちの運気は本当に上がったのかもしれない。

そう、その日以来私たちのFacebookの『いいね!』が一日に100人の割合で増えていくようになった。いい

理由はファンになってくれる人のターゲットをシンガポール内だけじゃなくて、東南アジア全域に広げたこと。もっといろんな人に楽しんでもらえるように、工夫を重ねた結果だった。
なんでいままで、このマインドセットにならなかったのかが不思議だった。

道は開けるんだね、強く願えば。

おじさん、ありがとう!!