読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指し方 110 【ユーチューブに登録おねがいしまーす!】

f:id:ninjagirls:20130318120708j:plain
笑って笑ってー!

Facebookの「いいね!」をポケットティッシュで獲得しようとしたあの作戦は、
『ティッシュ配り事件』として、私たちの中で語り継がれることになった。


不可能だって思えるようなことも、ある日を境に突然可能になることがある。


Facebookの『いいね!』が順調に増えていくのをみて、私は本当に嬉しかった。


Ninja Girlsを始めてよかった、と思うのは何もないところから、
こういう成功体験を少しずつ積み上げているのを実感したとき。



Ninja Girlsをやっていると、とにかく毎日『壁』にぶつかるんだ。
その壁は、思ったより薄くて簡単に乗り越えられる壁だったり、
時には押しても引いても動かない壁で、途方にくれてしまったり。


でも、いくつもある壁を一つづつ乗り越えていったら、
いつの日かとんでもない場所に辿りついているのかもしれない。

Ninja Girlsは私にそう思わせてくれる「何か」なんだよね。



Facebookのファン獲得作戦の次に私たちに立ちはだかった壁は、
You Tubeのサブスクライバー(視聴者登録)をいかに増やすかっていう課題。

ご存知のようにNinja Girlsは、『動画ブロガー』なので、
ファンの皆様にはぜひぜひ、私たちの動画を見ていただきたい訳です。
You Tubeのサブスクライバー(視聴者登録)をすれば、
あなたがYou Tubeを開けた瞬間に嫌でもNinja Girlsの動画が目に入るわけです。
思わずクリックするわけです!


ま、そういうことで、You Tubeのサブスクライバー(視聴者登録)を増やすのは
「キッキンの課題」になったわけ。


「うーん、どうしようかねー。とりあえず、メンバー1人につき、
10人友達に頼んでサブスクライバーになってもらって!
サブスクライバーが100人になったら次の手を考えるから!」


さくらちゃんの指示で私たちはそれぞれ一週間以内に10人のサブスクライバーを探すことになった。


私はNinja Girlsのことを知ってくれていたり、
応援してくれそうな人を探して、ひたすらメールを送った。


そう、あの人にも……