読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 145 【新たな始まりの始まり】

ワークホリデービザはあっけなくおりた。

退職することを上司に伝えると、少し肩の荷がおりてホッとする。

九州のド田舎からでてきた私は、シンガポールで初めて就職したこの日系の銀行がメガバンクだということにすらピンとこないまま、ここで働き始めた。

20代後半になっても、驚くほど世間知らずで、妙に無邪気だったと思うんだ。

その妙に無邪気な部分は多分今でも変わっていないのかもしれないけど。
そしてこれからも変わらないのかもしれないけど……

★☆

銀行を退職しても、ワークホリデービザでシンガポールに滞在できる目処はたった。

でも生活費はどうしよう。

半年間一銭も懐に入ってこなかったとしても生きて行けるぐらいの貯蓄がないといけない。

その頃の私の貯蓄額は‥‥

『もしかしたら半年後、野垂れ死にするかもしれないけど、まーたぶん大丈夫』ぐらいの金額だった。

これ、あたしほんと大丈夫なのかなー!?

さすがの私もすこし……
いや結構不安だった。

でもさくらちゃんばっかりに相談するのもなんか申し訳ないというか、気が引ける。
だれか第三者に相談したいけど……


「そうだっ!」

あたしは最高の相手を思いついた。

そう!あのゲイ疑惑のイケメン!(もうゲイではないことが実証済み)

あの海辺での衝撃的な逆ナン的出会いから、私たちは週に一、二度ぐらいご飯を食べに行く仲になっていた。

そうだ、ここは真剣な悩み事相談をして二人の距離を、ぐっと、そう、ぐぐっと!

近づけてこの男を息の根を止め落としてしまおうじゃないか!


私は、鼻息も荒く彼に連絡をして、早速約束を取り付けた。