読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 84 【暗転】

人生の物語は、いつも、あるときを境に急激に変化していくものだよね。


らんちゃんがNinja Girlsを去って、私はとても不安になっていた。


Ninja Girls創立時からのメンバーでもある彼女がいなくなるってことは一大事。どうやってこの穴を埋めていけばいい?


誰もがそう考えてたと思う。


そんな矢先、またもショックなニュースが飛び込んできた。


いつものコーヒーショップで、さくらちゃんが何気ない調子で言った。


「あやさんからね、Ninja Girlsを脱退させて欲しいって言われたんだ。」


あまりにも突然だった。


そして、あやさんもNinja Girlsを去った。原因は体調不良だった。


彼女はもともと体が丈夫な方ではなかったんだよね。


Ninja Girlsの撮影って実は結構ハードなトコがあってさ、たった3分そこらの動画を撮るのに、丸1日かかっちゃったりするわけ。


そのハードスケジュールと、タフな撮影を無理してこなすうちに、あやさんは体調を崩しがちしまったんだ。


悔やまれるのは、我慢強くて頑張り屋さんでのあやさんに、「無理しないでね。」って声をかけれなかったことかな。


彼女は、どんな撮影のときも具合が悪いなんて、一言も弱音を吐かずに、最後までやり遂げる人だった。


そんなあやさんに、さくらちゃんはこう言ったんだって。


「じゃあ、あやさんもNinja Girlsは無期限休業にします。休業だからって、私たちを待たせてる、とか、早く戻ってこなきゃ、とか一切思わなくていいからね。

でも、もし戻ってきたくなったら、いつでも戻っておいで。」

って。

なんで、さくらちゃんはあんなにどっしり構えてられたんだろう。


まるで、どこかのお父さんみたいな安定感だった。
反対に私は、どうしようもない不安の渦に巻き込まれてしまいそうになってた。


一人、また一人とメンバーが減っていく。


これからNinja Girlsは一体どうなってしまうんだろう‥


Ninja Girls解散!なんてことにならないよね?


そんなん絶対絶対やだーー!


私は悶々としながら、そんな事を考えていた。


ぜんぜん知らなかったんだ。Ninja Girls活動、いや人生全般において大きな要となるターニングポイントが、すぐそこまで迫っていたことを。


私はこの後、「人生は選択である」という言葉の意味を初めて理解する事になるんだよね。