読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで一番有名な日本人の目指しかた 47 【雑誌やTVの中のひと】

シンいち

<はじめての方はまずは目次から!>



コラボレーション決定!の知らせを受けて、
私たちはお気に入りの洋食屋さんに集まった。
大手柄を上げたらんちゃんに、
さくらちゃんがご馳走するという名目で。


エリムさんのことはあやさんも知っていたようで、
コラボ決定を知ってとっても喜んでた。
彼女はもともとストリートファッションが大好きな子だったから、
77thStreetとコラボするなんて、まさに夢の実現だったみたい。


さくらちゃんは、
喜びのあまりピーコみたいな声になってらんちゃんを褒めちぎってた。


「あんたっ、すごいじゃないのっ!
77thStreetのエリムさんにその場で承諾取り付けて来るなんて、
すごいわぁーーー!
できる子!あんた、できる子!」


口調が若干オネエっぽくなっていることにも気付かないほど、
さくらちゃんは興奮してたらしい笑


らんちゃんは照れたように笑って、
でも思い直したように、


「ううん、さくらちゃんが作ってくれた資料のおかげだよ。
私は何にもしてないもの。
次のミーティングの時までに、
今度は詳しい企画書を作ってもらってもいいかな?」


と言った。
いやー、さすがらんちゃん。
しっかりしてる。


「作るわぁー!なんだって作るわぁー!がんばるわぁー!」


さくらちゃんは夢見心地でそう呟いていた。



わたし?


私は、何がなんだかわからず、
とりあえずニヤニヤしてた。


実は、成功してる起業家とか、女社長とか、
私の人生からはあまりにかけ離れていて、
いまいちピンと来なかったんだ。


だってそんな人は、
テレビや雑誌の中でしか見たことがなかった
んだもん。


現実味が湧かない。
そもそもそういう人って、
怖かったり、厳しかったり、冷たかったりするんじゃないかって、
ちょっといぶかってた。


でもね、そんな私の心配は杞憂だったって、
すぐにわかることになるんだけど。