読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系ブロガーのススメ。

日本人だけど英語ブロガーなNinja Girlsです。あなたも日系ブロガーはじめませんか?

シンガポールで1番有名な日本人の目指し方 92 【バイバイ、ダーリン】

翌日、会社にいると、エディから電話が掛かってきた。

「ダーリン、今、君のオフィスの近くにいるんだ。今日一緒にディナーを食べないかい?」

何気ない会話なのに、なぜかその瞬間私の心の中でスイッチがカチっと入った。

「エディ、私実は今日話したいことがあるの。じゃ、後でね。」


私はそういって電話を切った。


何かいつもと違う空気を感じ取ったんだろう、エディは一旦電話を切った後、すぐに掛け直してきた。

「ダーリン。いきなり話があるなんていいだすから、びっくりしたよ。一体どうしたっていうんだい?」


私は少しためらった。
でも、覚悟を決めて言った。


「別れたいの。」



私は仕事終わりに、カフェでエディを待っていた。


エディは、ちゃんと話合いたいと言ってきたし、私もそのつもりだった。


暫くすると、向こう側エディの姿が見えた。彼は無言で私の前の椅子に座る。


気まづい沈黙が流れた。


「‥‥で、なんで別れたいの?」


エディが口を開いた。


‥‥私はなんでエディと別れたいんだろう?


「もう、好きじゃないから。」


私はそう答えた。そう、つまりそういうことなんだ。


好きじゃないから、彼の言動にいちいちイラつくようになっていた。


「いきなり、そんなこと言い出すなんて、本当にびっくりだよ。ていうか、キミ、本当に無責任だよ。」


エディは少し怒っているようだった。


私は、どうしていいかわからず同じ言葉を繰り返した。


「もう、あなたのこと、好きじゃないの。だから別れて。」